ひげをレーザー脱毛した場合にかかる平均的な回数

レーザーと毛周期の関係性をチェック

美容皮膚科や美容外科クリニックといった、美容系のクリニックで受けられるレーザー脱毛は半永久的に無駄毛が生えなくなる、永久脱毛の効果を持っています。ただし、脱毛の効果に優れているものの1回だけ施術を受けても、気になる無駄毛を全て処理することは不可能です。なぜかというとレーザー脱毛は体毛が自然と生えたり抜けたりを繰り返す、毛周期というサイクルに合わせて施術を繰り返し受けて、少しずつ毛量を減らしていく脱毛法だからです。毛周期には体毛が成長する成長期・成長が止まる退行期・毛根の活動が完全に停止して体毛が抜ける休止期と、3つのサイクルに分けられます。レーザーで脱毛できるのは成長期にある体毛だけです。1度、施術を受けたら退行期・休止期にある体毛が成長期にまでならないと、いくらレーザーを照射しても脱毛することはできません。施術を受ける部位によっても施術を受けるスパンは異なりますが、2ヶ月から3ヶ月に1回のペースでレーザーを照射すると、毛周期に合わせて効率的に脱毛することができます。

脱毛が完了するまでに必要な平均的な回数とは

カミソリ負けをしやすい人、ヒゲが濃くカミソリや電気シェーバーで処理すると青ひげになるといった悩みを持っている人に、レーザーでのひげ脱毛はおすすめです。最終的にはカミソリや電気シェーバーを使わなくても、ヒゲが目立たない状態にまですることができます。ではどのくらいの回数、施術を受ければ脱毛の効果を実感できるのか、レーザーでのヒゲ脱毛の減毛率をチェックしてみましょう。施術1回目でヒゲを減らせる量は約20%と言われています。2回目で約35%です。施術1回目・2回目の減毛率はこの程度なので、あまりヒゲが減ったと感じることはできないでしょう。ですが3回目ともなると減毛率は約50%、4回目60%、5回目ともなると約70%とかなり減毛率はアップします。5回ほどの施術で約半分のヒゲを減らせることになるので、この時点になるとかなりヒゲ剃りが楽になるようです。青ひげ状態を解消したい、ツルツルになるまで処理したいという場合は、続けて施術を行います。レーザーを照射するごとに減毛率が上がっていき、10回目の施術ともなると約80%から90%のヒゲを処理することが可能です。

施術の目安を考えて契約するプランを選ぼう

繰り返し施術を行うことで少しずつ毛量を減らしていくレーザー脱毛で、ヒゲを処理したいという場合は契約するプランの施術回数をチェックすることをおすすめします。例えば、毛量を減らしたいという程度であれば5回施術を受けるプランでも、十分に効果を実感できます。ヒゲが濃い・多いという人や、ほとんどヒゲが無い状態にまで脱毛したいという場合は、10回施術を受けられるプランや、ヒゲ脱毛し放題プランがおすすめです。

記事を共有する