ビジネスにも効果があるデザイン名刺の特徴

社会人になって名刺を持つようになった人は、大きく2種類に分かれます。会社支給の名刺を持っている人と、自営業など個人で名刺を作成して持っている人です。中には、会社支給のものとプライベート用を持っているなど、使い分けている人もいるでしょう。自由に名刺のデザインを決められるとしたら、どのような名刺を作りたいと思いますか。名刺といえばビジネスに必要なツールです。プライベートなら自分らしさをアピールしたくなります。自営業など、仕事で使う場合は職業がはっきり分かるようにするなど、工夫が必要になります。名刺といえばシンプルなイメージがあるかもしれませんが、現在その種類はとても豊富。デザイン名刺などもあるため、上手にビジネスシーンに取り入れたくなります。具体的にどのような効果があるのか、その特徴を見てみましょう。

デザイン名刺を使うことのメリット

デザイン名刺の存在は知っているけれど、使うことによってメリットはあるのでしょうか。自営業やフリーランスの場合、まずはご自身の仕事を知ってもらうことが必要です。ご自身の職業に関係のあるデザインが入った名刺を選ぶと良いでしょう。もしくは色を上手に利用して、爽やかさや明るさなどの印象を与えられるようにします。青系は冷静で落ち着いた印象になります。水色系で爽やかにするのも良いでしょう。美容関連なら女性らしさをアピールできる、優しそうなピンク色を取り入れるなどです。派手なデザインでなくても、職業が分かり、気に留めてもらえるようなものを作ります。デザイン関係の仕事をしているのなら、デザインにこだわって、ご自身のスキルをアピール。たくさん仕事の依頼が来るような名刺を作りたいものです。

デザイン名刺を作るときのポイント

実際にデザイン名刺を作るとき、大きさやデザインはどのようにすれば良いでしょうか。作るときは、まずは基本的なこと、縦と横のどちら向きにするのかを決めます。このとき大きさも決めますが、名刺サイズというのは大体決まっているもの。目に留まるようにしたい気持ちはありますが、あまりに派手で大きなものは控えましょう。第一に、持ち歩くときに大きいものや、ユニークな形は不便です。それは名刺を受け取った相手に関しても言えることでしょう。常識的なサイズ、インパクトにしておくことが大切です。素敵なデザインだからセンスが良さそうだと思ってもらえるように、工夫してみてください。同じ大きさ、一見すると普通の名刺ですが、よく見るとおしゃれな部分があるのは素敵です。名刺を受け取った人が仕事を依頼したくなるようなデザインを考えてみましょう。