注目されるデザイン名刺の素材とは

せっかくスタイリッシュなデザイン名刺を作るなら、同業他社や他の人とは一味違ったものを作ってみたいと思うのは、自然な感情ですね。ひとことでデザイン名刺と言っても、作り方は色々。自分で素材集めや素材作成から始めて、完全オリジナルで作成する方法、無料のテンプレートをカスタマイズして作るセミオーダー、プロのデザイナーに依頼するフルオーダーなど、予算や好みに応じて手段を選ぶことができます。いずれにしても、個性的でインパクトのあるデザイン名刺の作成には、デザインに関わるソフト部分の素材選びと、台紙やインクなどのハード部分に関わる素材選びが重要になってくることは言うまでもありません。ここでは、いま注目されるデザイン名刺の素材について考えていきましょう。

デザインを左右するフォントや画像素材の力

デザイン名刺を作成するにあたって必要不可欠なのは、フォントや画像などの素材でしょう。特にすべて自分で手掛けるオリジナルのデザイン名刺は、この素材選びが出来のほとんどを左右すると言っても過言ではありません。よくよく吟味して、オリジナリティあふれる個性的な名刺を演出していきたいものですね。現代は幸いなことに、料金のかからないフリー素材が無数に提供されている時代です。イラストや写真素材でもプロが作成したものが数多く提供されており、オシャレなフォントもいたるところで見つけることができます。また、著作権がフリーになっている過去の名画なども面白い効果をもたらすことがありますから、こういった素材を活用してみるのも面白いでしょう。写真のフリー素材を配布しているサイトでは、色の差分なども用意されている便利な素材がたくさんあります。あとはセンスひとつでスタイリッシュなデザイン名刺を手に入れることができますね。

人とは違う存在感を示す変わり種素材

納得のゆくデザインを作成することができたら、次はインクや台紙などのハード面から素材を選んでゆきます。通販でデザイン名刺の印刷業者を探してみると、台紙や特殊印刷の多様性に驚かされることでしょう。一般の台紙はもちろんのこと、手すき和紙や特殊紙、木材や金属を使用したもの、透明なプラスチックや香り付きの紙など、実に個性的な台紙が存在します。また、漆黒や深紅など、不透明なインクや箔押しという特殊技術でなければ色が乗らないような紙を使用することで、独特の存在感を放つデザイン名刺を作ることができるでしょう。印刷用のインクも、七色に輝くラメ入りのものやメタル加工のもの、蛍光色や暗い所で光るタイプのものなど、ひとつを選ぶのがもったいないほどたくさんの種類があります。フォントや画像素材、そして台紙やインクなどの素材を組み合わせて、もらった人があっと驚くようなデザイン名刺作りに挑戦してみましょう。